<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ねんきん特別便

ねんきん特別便が届きました
今までの加入記録が記載されてます
間違いありません

20代の記録ばかりなんですが
こんにち(おおげさですが)の自分があるのは
ねんきん特別便に記載されている会社での経験のおかげです
本当に感謝しております。(当たり前でしょうけど)

なかでも高知市の魚屋さんでの
17ヶ月の経験があってこその今があるのだと思います

長く語れますね、今でも思い出しますモンね
魚のウロコしか、おとせなかった時代
店頭での販売で「いらっしゃい、いらっしゃい」の声を出すこともできず
配達の段取りも悪くて、とか
何の役にも立てなくて給料ドロボウしていた時代

いつの頃だったか
一年くらい経った頃でしょうか
退職したくて迷っている時でした
夕方
「大将に上(二階)にあがってきい」と言われまして
(一階が店舗で二階が食事を取る部屋)
「なにやろう?」「なんで大将に呼ばれたがあやろう」
と考えながら階段を上がりました
二階につくと
大将がニコニコと笑顔で
「そこへ座りや」って優しく言うんですよ
サッポロドラフトの350mlの缶ビールをあけながら

何事かと思いながらも言われるままに
いつもの食事をするテーブルに腰を掛けました

そして、ゆったりとした口調でアドバイスしてくれました

私が何を思っているのか、
何を考えているのか
全てお見通しだったようです

記憶が鮮明ではないのですが

大将自らが質問をして、大将自らが答えてくれる形式で
私自身の全ての想いを代弁するかのごとくでした
私はうつむいたまま涙を床にポトポト落してました

そして会話の最後には
まぁ、やってみんか!?って
言って下さった様に覚えています

そんなに自分の事を気にかけて下さっていたのだと
感じられたことを幸せに思い
やるぞ!とふるい立ったことが思い出されます

今の『うまめの木』の原点の一角が、そこにあります!
17ヶ月の短期間でありましたが
商売の原点を教えて頂いたお店です
何よりも『人として』を教わりました

人として、商売人として
そして経営者とは?を
勉強させて頂いたお店です


umamenoki * 出会い * 22:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ