<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

できあがり



搾りました
橙(ダイダイ)です



あっさりした魚には
橙のほうがあいます
ユズもいいんですが




ついでではないんですが
ユズベースのたたきのたれ
うまめ風も作りました



umamenoki * 山の幸 * 18:44 * comments(0) * - * - -

室戸のポンカン



室戸特産のぽんかん室戸の郷のぽんかんです
甘くて水分たっぷりでとっても美味しいです
シーズンも終わりかけてますが
まだまだ食べ頃です
お土産に贈り物に

どうぞ






umamenoki * 山の幸 * 14:58 * comments(0) * - * - -

蕗の薹



なにげなく見ていたら
咲いてました



さっそく天婦羅に
苦味が酒を求めます



この肝も土佐鶴を求めました
肝を、ぷりっぷりの刺身で巻いたのと
熱燗は最高です!
もちろん、お客様には食べて頂きました
今日はぷりっぷりのサバ、ぷりっぷりのタタキ
ぷりっぷりのホーボーとで4種類盛りです

天婦羅は他に明日葉の天婦羅でした

後のメニューはいつもの構成です




umamenoki * 山の幸 * 20:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

タタキのたれには


ゆの酢と呼びます
ゆずの搾り汁です
ゆずを丸ごと押しつぶして
つくるんです
タタキのタレの主役です!






















このアップは昨日のお客様用
前日と違うのは
モイカがホーボーになったとこです
一日たった鰹とキントキですが
美味しさは間違いありません!

左側はタタキの命
自家製のタレです



umamenoki * 山の幸 * 13:11 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

いたどり



塩漬したイタドリを塩をぬいて調理するのが
室戸流です
家ごとに味付け、調理法は違うんでしょうけど
美味しいはず!
アップしているのは
炒める調理法です

うまめの木では
ここで紹介できない(残念ですが)
美味しくいただく方法で
お客様に召し上がって頂いてます!




umamenoki * 山の幸 * 22:25 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

新しい食材?



今日はこれ(土佐鶴)で晩酌です
お泊りのお客様はおりません悲しい

昨日は網やさんの一人分の夕食でしたので
7時30分に強行突破で夜釣りに行きました

を使いました
水前寺草(菜)とか、金時草(キンジソウ)、ハルタマと地域で呼び方が違いますよね

室戸岬には自然に生えているんです
これを使わぬ手は無い!!

料理法はお浸しを選択して、網やさんに食べて頂きました
お酒にあいます!グッド

昨日の
釣果はクロアナゴ一匹でした
グーグーは8匹あげましたけど・・・
  グーグーとは
   毒針のあるゴンズイの事です
   ここらでは釣り上げるとグーグーと鳴くので
   グーグーと呼んでます。

強行突破のせいで
帰りは夜のウオーキング大会
速くついた感がありましたが
40分かかってました!
11時28分に堤防を出発して
右手に竿、左手にはバッカンで
うまめの木到着時間は12時08分でした

朝の支度は6時半から
今日は本気で疲れてました!
動きっぱなしでの睡眠時間4時間30分はさすがに!

年齢のせいも有るんでしょうけど

今日は楽しいお酒の誘いをお断りするハメに悲しい
なってしまいました




umamenoki * 山の幸 * 21:28 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

淡竹 (はちく)

湯がく前湯がいた後









淡竹は美味しいです
アクは少なくても香りはあります
アイクチはやっぱり鰹です
うまめの木では筍類は全て鰹で炊きます
鰹の脂の甘さ、上品さが丁度あいますから
また筍の味が鰹へと染み込んで鰹の血合いが
お酒(ここでは土佐鶴)にピッタリです
淡竹とは茹でる前があわい緑色だからでしょうか
umamenoki * 山の幸 * 15:56 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ