<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< モカのやさしさ!? | main | 今日は、夜宮 >>

安保法案…

敵を作らなくても、相手が敵と名指しすれば
敵になる事を学びましょう!
否応なく攻撃されるのです。。
攻撃されないために自衛手段を持つのが当たり前なんですが、
そこを理解されてない方々が少数いる。

「孫にも自由で平和な暮らしをさせたい!」って願うのでしたら
戦争反対!と言う違った方向のデモはやめた方が良い。。
中国に支配されれば、自由なんてなくなるのですよ。。

戦争なんて誰もしたくない。
戦争しないための法案成立ではないのかなぁ…
侵略されれば、日本国憲法なんて無くなり
共産党の憲法に塗り替えられるのって知ってるんでしょうか?
自由もなく、国民主権でもなく、強制力に従うだけの人生を
未来の日本人に残す手助けを、なぜするのでしょう?
『戦争反対』と主張し防衛手段を
捨てさせようとしている侵略国の
手足となって暗躍する者に乗せられないようにしませんか

ほんの少し考えません?
自衛隊が出動する事態というのは、日本国憲法の平和主義を守ろうとするために
出動するのです!

「戦争へ参加する法案じゃぁないか!!」と言う方々は
侵略されても良いと言うんでしょうか…?
戦争へ参加しないが、自衛する手段ができる法案を作ればいいのですが
そんな悠長なことを言っている場合ではないでしょう
尖閣諸島の状況を知ってますか
チベット侵攻を知ってますか?
南沙諸島進出って、常識では考えられない事!
しかし、中国はやってのける
なんてったって共産党の一党独裁ですから。。。

今審議されている
安保法案が通ると困る国、沖縄に米軍基地があると困る国の方々に
先導されないのが良いと思います。。
先の事より今のお金と言う判断は、どうなんでしょう。。。


中国が宣言した
第二列島線(だいにれっとうせん)とは、
(以下、ウィキペディアより)
中華人民共和国の軍事戦略上の概念のことであり、戦力展開の目標ラインであり、対米防衛線
である。中国共産党指導部は小平の遺訓により、ソ連崩壊後に経済のみに限定した改革解放
政策を始めた時点でこれら二つの列島線を設定しており、それぞれの列島線突破に目標年度を
設定した上で、中国人民解放軍の軍事的優位及び支配権の獲得を確立する事を計画していたと
される。事実上の世界征服計画ともいえる壮大な計画を実現するために、現在に至るまで毎年
10%以上の伸び率を記録する軍事予算の増額を続け、既に世界最大であるアメリカ合衆国軍事
予算に迫る程の急速な軍拡を続けており、長期的にはハワイに至るまでの広大な西太平洋全体
を自国の影響下に置く事を、アメリカ大統領との首脳会談で提案するまでになっている。武力
による直接的な侵略行為のみならず、間接侵略と呼ばれる相手国への内通者確保や反米感情の
扇動、反基地運動への資金提供など手段を選ばずに覇権を拡大し、各種の策動により域内に駐
留している米軍の抑止力が低下した後は、軍事的恫喝を含めた行動により、第一列島線内に存
在する国家や島嶼を、アメリカの影響力を排除した上で中国の属領として支配する事を最終目
的としている。以前は列島線構想の存在そのものを否定していた中国人民解放軍関係者も、20
年以上に及ぶ急激な軍拡により強大な軍備が整えた現在では、この第一列島線突破と域内支配
を公言するようになっており、軍を統轄する習近平国家主席自身が「広い太平洋には中国とア
メリカという二大大国が分け合うだけの十分な空間がある。」と発言し、最終的には中国人民
解放軍による太平洋西半分の広域支配を狙っている事を認めた上で、強大化した軍事力を背景
に開き直る姿勢すら見せ始めている』





JUGEMテーマ:日記・一般
umamenoki * 人として * 16:46 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

コメント

えいこと書いちゃーる
そのうち泊まりに行きますき
Comment by 真水酒乱会 鯉心 @ 2016/07/18 4:22 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ