<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 高知県知事と面談 | main | 第30回KEIRINグランプリ2014の予想 >>

地方を良くするための手段

















私の主張。。(facebookと同じ内容になってます)
宿泊業者はお客様に泊まっていただくだけが
仕事ではありません!

泊まっていただいたお客様に室戸の美味しいものを
食べていただきまして
その美味しいものを
室戸市内のショップでお土産にと買っていただく!
そういった役目が宿側にあるのです…。という主張。。

っていう常識じみた事が
室戸の大半の人には全く理解されてない。。。

宿泊業者は
室戸市の美味しい食材を宣伝する立場に
随分と関わっているのです!
しかしながら…

ですので
行政サイドから、室戸の食材でないノルウェー鯖とか鮭、外国の貝
を朝夕の食事に提供している宿に
極力「室戸の食材を使っていただけないでしょうか?」
と問いかけをして下さい!と言うはずでしたが…。。

室戸で宿泊される毎日何百人という方々に
じかに室戸の食材の美味しさをアピールできる特権を
持っているのは言うまでもなく宿泊業者
その宿泊業者に
室戸の美味しい食材を使ってくださいとお願いに行くのは
当たり前だと確信してやまない私。。。
せっかく、ふるさと納税で室戸の食材をアピールし始めたのですから!

ここまで書いて分かっていただけない事も
想定内です。。。


JUGEMテーマ:地域/ローカル
umamenoki * 室戸今昔 * 10:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ