<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 再度、岸和田へ!? | main | うまめの木は何処へ… >>

鮪の町からの転機




クジラの町からジオパークの町へ舵を切ったMUROTO
スピード感に不満はあるものの着実に進化している。
しかし
地域へ落ちているお金がない。。
そんな声がざわつき始めた2年前
私もその中に混じった!

当初から、地域活性化をうたっていたにもかかわらず
地域住民と推進協議会との密着性が乏しく
日帰りパックと
室戸岬サイトへの集中集客が目立った。
この推進協議会内の方向性が間違っていたなどとは言えない。
市民の声を届けていてそれを無視していたのなら話は別ですが。。

今は、室戸市内各地からの発信力が目立ちだし
地域分散化に成功しつつありますが、まだまだ。
そう簡単に成功するのならどっこもが成功しているはずですし。。

柱であった
『観光ガイドを育てましょう』は成就した
次は、ネイチャーガイドです!
皆が子供のころからの体験や経験したことをファイル化し共有すればいいことですから
そんなに難しいことだとは思えないんですが。。


四万十市のペンションBeeさんがじゃらんで一位を取ったとの記事を読みまして
うまめの木も路線変更して『じゃらん』『楽天』で一位を取ろうとしていたことを述懐。
今も未練はあるものの…。。
ネットトラベルの口コミ情報やらアップされてます写真を見ると
冷凍のマグロを「新鮮で美味しい!」などと…呆れます。
冷凍ものって新鮮と表現するものなのかなぁ?
その魚はそんな料理法でない方が断然おいしいはず!とつい口走ってしまうなど
呆れる投稿内容にあんぐり口を開けるどころか怒り心頭するのはいつもの事。
まぁ
お客様が宿を絞り込む基準は
本物の美味しさを求めて食べたい!なんでしょうけど

口コミ情報の良い宿だから美味しい!と判断している方が多いように思える。。
その料理を食べて満足されるのなら
その宿の選択は間違ってないのだし
わざわざ『うまめの木』が、これが美味しいんです!などと
名乗りだすこともないのだと
ネットトラベル参戦を見送りましたねぇ。
早何年たつろうか…


 
umamenoki * 室戸今昔 * 22:12 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ