<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マナーは最低限の常識 | main | 朝焼け >>

美味しい刺身の基準とは



ツワブキのたんぽぽ









浜あざみのたんぽぽ











風に乗って行き着く先が
楽園か地の果てか
ホント風任せ
メルヘンチックなのかなぁ

うまめの木の刺身盛りに例えると
漁があれば問題なし!
なんですが
漁がなければお客様は地の果て行きか?
って

ん〜なわけ
ないんです
こんな時に救いの神が
鶴の化身で舞い降りる
そう!土佐鶴グッド

現実にもどります

うまめの木では
美味しい刺身を食べて頂きたいとの考えから
何日か前からのご予約の場合には
魚を活け〆(何パターンもあり)したり
当日に最高の味の状態に保つ為のマル秘うまめの木技術&努力で
お客様をお待ちしております(決して冷凍ではありません!)

当日のご予約のお客様に関しましては
美味しい刺身がご用意できないと私が判断した場合
(一般には美味しい刺身として十分に満足して食べられているものでも)
私の判断基準に当てはまらなければ
お断りをしております(申し訳ございません)

その合格基準とは
室戸の港に水揚されたもの!
この刺身で土佐鶴を飲みたいって思える!
土佐鶴がおいしく飲める!
冷凍ではない!
などとたわいもない事なんですけど・・・

umamenoki * 宿泊 * 22:37 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ