<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

龍馬でなくて竜馬

高新の『声ひろば』で

坂本龍馬の本を読んで
龍馬の生き方は良いと思う。というのを読みましたが

それは、龍馬ではなくて
司馬遼太郎がつくりあげた竜馬という架空の人物の実績なんですがね
龍馬博も終わったきん
ホンマのことを、えいかげんに言うたらえいにねぇ
司馬遼太郎自身が本名の『龍馬がゆく』でなくて
『竜馬がゆく』にした理由をはっきり言ってるんですから

薩長同盟・船中八策・大政奉還の全てに
坂本龍馬は関わっています

関わっている人っていっぱいいるんですよね
いっぱいの人の一人が龍馬だという事

薩長同盟は中岡慎太郎の主導
船中八策を龍馬が発案したと言ったのならば
それは、今でいうパクリ
大政奉還についても、その他大勢のトリマキ

暗殺されたから凄い人だったというのも間違い
暗殺された人は、数えきれないでしょうし・・・

竜馬という主人公をヒーローにしたてあげる為にはって
週刊司馬遼太郎には
そのような事もご自身が発言してますので
一読して下さい。




JUGEMテーマ:日記・一般
 
umamenoki * 言い伝え * 20:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

地震名は統一せん?

東北地方太平洋地震とか
東北地方太平洋沖大地震とか
東北関東大地震とか
東日本大震災とか
なんで未曾有の大地震の呼び方を統一せんのかなぁ?


昨日は超多忙な一日でした。




JUGEMテーマ:日記・一般
 
umamenoki * 言い伝え * 17:02 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

竜馬と龍馬



なぜ?
『竜馬がゆく』の『りょうま』という漢字は
本名の『龍馬』という漢字が使われていないのか
疑問に思ったことってありませんか?

ただ単に簡単な漢字を選んだわけではないんですね

坂本龍馬という人物と
坂本竜馬という人物は全くの別人だからです

龍馬は、実在した人物で
竜馬は、司馬遼太郎の作った架空の人物なんです

週刊司馬遼太郎7のP194では
当時は龍馬はヒーローじゃなかった、龍馬はろくなもんじゃない、
なるんやったら武市半平太になれ!というのが
当時の大人が子供に言っていた事だと紹介されてます
そして
当時の担当者が、なぜ、竜馬ですかと聞くと
司馬遼太郎は
「僕は学者じゃなく、小説家。この小説は僕の竜馬で、自由な竜馬を書くよ」
と載ってます

おわかりでしょうか?
世の中のほとんどの人がイメージする坂本龍馬って
実は架空の坂本竜馬じゃないんでしょうか?

この本では
桂小五郎との試合、手紙、岡田以蔵
そして岩崎弥太郎との関わり方
薩長同盟の事、亀山社中の事、
その他にも史実との違いを書き出しています
龍馬が言ったとされる心に残る一言、セリフは
司馬遼太郎作だという事も書いてあります


この本とは別に
船中八策も龍馬が考えたとする前に出来上がっていたとする資料があるそうですし
大政奉還もそうみたいです
高知新聞に手紙が出てきたと大々的に取り上げられていましたが
龍馬が考えたとは書いてなかったはずです

薩長同盟の裏書は、その時に龍馬が隣席したという証明にしかならず
中岡慎太郎と小松帯刀が尽力を注いだというのが
今は常識化してます
亀山社中を作ったのも運営したのも龍馬ではないと断言してますし・・・
いろは丸事件では紀州藩から83,000両の保証金をとったと
なってますけど
その金額には鉄砲の代金が入っているみたいです
沈んだいろは丸から鉄砲が見つからなかったら
今の世の中なら
立派な詐欺罪が適用されますけど
当時であれば、頭がまう、賢いと判断されたんでしょうね
ここが龍馬を良く言う人と悪く言う人との差?

なんにしろ
英雄でなかった反面教師の坂本龍馬を
大ヒーローにしたてあげた司馬遼太郎さんには
高知県の県民栄誉賞を与えんとイカンがやないろうか
龍馬伝も、龍馬博もできんかったろうに








JUGEMテーマ:日記・一般
 
umamenoki * 言い伝え * 12:17 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

龍馬と竜馬

坂本龍馬の立案だとされている
『船中八策』
司馬遼太郎著『竜馬がゆく』の主人公竜馬は考えたんでしょうけど
現実は違うとされてます
北辰一刀流の達人?これも違うとされてます
薩長連合を成立させたのも違うとされてますし
大政奉還を考えたのも違うとされてますし
日本初の株式会社・亀山社中をたちあげたのも違うとされてます
ほとんどが
小説『竜馬がゆく』の主人公竜馬の功績であって
実在した龍馬の功績ではないとの見方が
今日の研究の結果として改められてきてます
NHKの龍馬伝は史実と違うとの意見が交わされていますが
それは、『竜馬がゆく』の竜馬と違うんではないでしょうか?

小説にしろドラマにしろ
史実に忠実ではなくて
尾ひれをつけて花を咲かさんと面白くないです
こんな事から
偉大な竜馬のイメージが創られたんではないでしょうか?

龍馬伝の盛り上がりに
けっして
水を差すつもりではありません
現実は現実ととらえて
ドラマや小説は面白く楽しむものだとわりきると
むきにならなくて済みますので・・・


umamenoki * 言い伝え * 16:36 * comments(0) * - * - -

坂本龍馬・諸説あり

今の龍馬ブーム?に諸説を紹介するのは異論大ありなんでしょうけど・・・
15年位前でしたか定かではありませんが
こんなニュースが流れました
『龍馬は使いっぱしりだった』
偉人達の手紙が証拠だとして
少しだけ話題をさらった事がありました

文章の解釈の仕方だとして否定されたように覚えてますが
「ありえる!」は・な・しなんですよ

薩長同盟は龍馬が成立させたと一般的に知られていますけど
龍馬以前に中岡慎太郎が薩摩、長州藩を訪ねています
お膳立てをしていると考えられませんか?
成立の場には二人がいたのですから
二人の功績でしょう?
なぜ、龍馬が成立させたになったのでしょうか?
龍馬が成立させたとすると
慎太郎には成立させる力がなかったので龍馬が力をかしたのか
だとしても慎太郎の功績が大きいはずなんですが・・・

龍馬の功績とした事で
少しでも償いをと思ったのでしょうか?
龍馬を暗殺した者が中岡慎太郎だったとしたらです
でも慎太郎が龍馬の命を奪ったとしたら何事もが繋がりますし
何事もが説明がつくんです


umamenoki * 言い伝え * 16:25 * comments(0) * - * - -

















先週買ってきました
安芸市のTUTAYAで

今はヴァチカンの謎と真実を読んでます
解りやすくて面白い本です

ネットではマヤ暦にはまってます
2012年12月22日
地球滅亡!?
真実味があり
ノストラダムスの予言なんか比ではありません
覗いてみて下さい


umamenoki * 言い伝え * 13:27 * comments(0) * - * - -

この島の名前は?

今朝の7時過ぎに現れました
うまめの木の前から
室戸岬港の入り口より
東に向かってシャッターをきりました



左に浮いている島みたいなのは
どこなのでしょうか?
umamenoki * 言い伝え * 12:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

みつめあい

















今日、ウツボは見えませんでした
ヘンピ(とらうつぼ)は出てきましたが
ヘンピは脂が多くて食べる人が少ない種です
昨日のおんちゃんは持って帰ったみたいですが
まあ、ウツボは昨日釣られていったんでしょうね
現実を受け入れながら
でも
明日も磯へ行ってきます

中岡慎太郎と坂本龍馬は
太平洋を挟んで見つめあっている!
この伝説、いまだに生きています
この室戸・・・高知は?!

24年前実証されています!
『探偵ナイトスクープ』で
探偵の名前は忘れましたが、四国電力さんの協力で
解明されてます
二人の目と目があうのは地球を2周半した場所
室戸市の佐喜浜川の上流の上空でした
たぶん
です
高知では放送してなかったですね
この頃は

「ほんで、高知の人は知らんがあかなあ」
当時は、大阪の上新庄で見てましたから
『突然ガバチョ』が人気ありましたね
VSプロポーズ大作戦でしたよね
北野寮麻雀道場の看板を寮生時代、預かってました
鈴木か藤田に託したのですが
翌年、北野寮取り壊しになってしまったようです
看板は、イズコヘ
umamenoki * 言い伝え * 22:09 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ